2010年01月08日

<ハウステンボス>恒例の年越しイベントに1万5000人(毎日新聞)

 長崎県佐世保市のハウステンボス(HTB)で31日、恒例の年越しイベントがあり、雪も舞う冷え込みの中、約1万5000人が2010年の訪れを祝った。

 午後6時、イルミネーションが点灯して園内は「光の街」に。元日午前0時を前に、屋外会場では来場者らが声を合わせてカウントダウンを開始。新年の訪れと共に、盛大な花火が夜空を彩った。

 経営厳しいHTBだが、年越しの園内3ホテル・コテージ(約600室)はほぼ満室。社員らは「今年こそ」と早期再建を祈った。【野呂賢治】

【関連ニュース】
ハウステンボス:支援可否は越年…HISの社長が見通し
ハウステンボス:「光の街」10年目
交通規制:ハウステンボスや神社・商店街周辺、31日〜1月3日−−県警 /長崎
HTB:再建問題 商工会議所が支援委 市長、HISに期待 /長崎
HTB:来場支援を 県民対象、1月9日から大感謝祭 /長崎

e5b3zcrgのブログ
タイタンズ2010
モバイル ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
債務整理・自己破産
posted by kyetdtfotc at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ES細胞>がん抑制遺伝子がスイッチの役割と発見(毎日新聞)

 胚(はい)性幹細胞(ES細胞)が体のさまざまな組織になり始める際、「Rest」と呼ばれるがん抑制遺伝子がスイッチのような役目を果たし、分化を促進していることがマウスを使った実験で分かった。岐阜大大学院医学系研究科の山田泰広准教授(腫瘍<しゅよう>病理学)らの研究グループが解明し、7日(現地時間)発行の米科学誌「セル・ステムセル」に発表した。【広瀬登】

 研究グループは、幹細胞の神経系への分化を抑制することが既に知られていたRestの働きに着目。Restを意図的に壊して観察し、ES細胞の初期分化にかかわる遺伝子を持つ細胞の数が減ることを突き止めた。一方、Restを強制的に働かせると、対照的にこの細胞が増えたという。

 Restは人工多能性幹細胞(iPS細胞)でも同様の働きをしているとみられ、山田准教授は「今回の発見は幹細胞の初期分化のメカニズムを理解する上で重要。ES細胞やiPS細胞の効率的な分化方法の開発に役立つことが期待される」と話している。

【関連ニュース】
ウナギ:祖先は深海魚? 川を上り、海で産卵の謎解明も
アジア人:インド→タイ…南方ルート有力 遺伝情報解析
自治医大:遺伝子組み換えマウス処分漏れ 文科省厳重注意
転写因子:遺伝子の「司令塔」をデータベース化
生殖細胞作成:指針案に合意 文科省作業部会

田舎で働くピアノ講師の日記
ひであきのブログ
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
モバイル ホームページ
posted by kyetdtfotc at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。